仮想通貨インフォ

ビットコインの買い時・売り時

ビットコインは見極めが重要!
比較的安定している仮想通貨であるビットコインの取引では見極めが重要です。

ビットコインで損をする人の買い方

見出し1

仮想通貨で利益を出すには安く買って高く売ることです。損をする買い方をしている人は急騰している時に必ず買っています。みんなが買っているからといって乗り遅れるという感情が起きてしまい、その流れに乗って買い始めると結果暴落します。これは急騰する前に買っていた人たちが売ってしまうからです。ビットコインの売り時を分かっている人は、必ずこのタイミングで売りに出しますので、みんなが買い始めたからといって手を出さない様にするべきです。

損をしている人の売り方

見出し2

周りが活発に動き始めて焦って買う人は、同じように売る時も焦って売ります。ビットコインの様に日本だけでなく世界中で取引が行われるような取引では、動きが活発になりはじめると必ずインターネットニュースやソーシャルネットワークなどでニュースになります。暴落しやすい時は特にニュースになりやすく、初心者の方は特にどこまで下がるかわからない恐怖にかられ焦って売ってしまいます。これは高く買って安く売るという最悪のルーティーンです。

得をしている人の買い方

見出し3

買い時売り時を見極める為にはチャートの推移を把握しておく必要がありますが、得をしている人の買い方としては、やはりマイナス収支の人が売っているタイミングです。これはチャートの底値というわけではなく、暴落しているタイミングです。もちろん、下がり続ける可能性も否定できませんので、勇気のいる選択になりますが、利益を上げている多くの人がこのタイミングで売っています。気持ちとしては高かったものを安売りしていたから買ったという感じです。

売り時を間違えなければ買い時はいつでも

見出し4

結局のところ、売るタイミングさえ間違えなければ買い時はいつでもよいという考え方があります。活発に世界中で取引が行われているビットコインは、基本的には右肩上がりの流れをしています。今後どうなるかは断言する事はできませんが、少なくとも数年先までは同じような流れになるはずです。その為、今のうちに買っておいた方が良いですし、焦って売らなければ問題ありません。急に下がったり上がったりするタイミングで焦らず待つのが最良の方法とも言えます。